スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『NHKに異議あり』

    NHKのあり方について
            考えたことは、ありますか?


    あなたがもし、NHKのあり方に疑問を持ち
    NHK受信料の支払いを断りたいとするなら・・・

    これで NHKは解約できる!のです。
     
    2012年は、この話題をきっかけに
    いろんな物事の在り方が問われる年になるでしょう。

    みなさま!これから、3日に分けてお知らせする
    『NHKに異議あり』 の真意を理解されて
    それぞれリンクやコピペされてください!

    また、このテキストをプリントして知人に伝えたり
    たびたび来られるNHKの集金人に
    「これに賛同するから受信契約を解除します」と
    支払いを断るトークに使われたり・・・

    社会のあり方をよりよくする選択をしませんか?!

    21世紀になり、早11年も終わろうとしています。
    時代は今、まさに大転換期☆

    ・古い習慣にしがみついた頭ガチガチ人間
    ・時代の波を乗りこなし、人々に歓びを与える人間

    あなたは、どちら側の人間でありたいと思いますか?


    NHKに異議あり 
    著作権法は黒い利権の傘、又は盾として使われている。
     

    その1・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ①半強制的に受信料を取り
     国の補助もあるNHKのコンテンツ(動画番組)は国民の財産である。
      よって過去のNHKコンテンツは総て国民に無料開放すべきである。
      (NHKは受信料不払い者に対して起訴を始めた。
       → NHK受信料不払い者起訴 - Google 検索

    ②既にペイし終えたそのコンテンツで、
     NHKが新たにコンテンツビジネスをするのは言語道断である。
      民間会社の様に、コンテンツビジネスをするのなら
      受信料を取るのはおかしい。
      例えて、税金で成り立っている消防署や警察が出動依頼の度に
      料金を取り立てる様なモノだ。
      国民は、この「濡れ手に粟」を目論んでいる
      黒い利権、黒い事実に目覚めよ。
      (昨今のIT技術の進展は加速的で目覚ましく、本来なら
      違法とすべきこの重要な事実に気付いている国民は少ない。)

    ③これからの時代、デジタルコンテンツの図書館が必要だ。
     図書館は不特定多数の公衆に開かれた存在として
      誰もがその存在を認知している。
      NHKこそ、その実現の為に、
      これからの時代の筆頭に立つべきである。
      これは現在の閉塞的社会に閉じ込められた国民に対する
      国のプレゼントとすべきである。
      我々はそれを要求しよう。



    人々の心情に訴えたい、
           デジタルコンテンツ図書館設立のメリット。

    シリーズなど纏まった形での教養番組を
    学校の先生達は子供達に推薦せよ
     科学番組 世界的に日本は遅れを取り始めていると言われている
          子供達の理科の素養の育成。
     歴史番組 夏休みの宿題で
          「その時歴史は動いた」を10作見る様に、とか。
     昔のドラマ 親子の会話作りに役立つ。
          昔、親が子供だった頃の番組を、
          現在の子供に見せれば共に語り合える場が出来る。
          大草原の小さな家・新八犬伝・レンズはさぐる・
          少年ドラマシリーズetc.

    子供達は現代のITの発達で、
    ゲーム三昧に置かれるままではどんどんバカになる。
    また、現代社会の閉塞感打破の為にも
    人民意識と教養の底上げが必要だ。


    レジュメ:重見幸俊

    → その②へ 続く
    関連記事

    テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

    Tag : NHK 重見幸俊 NHK受信料 契約解除 デジタルコンテンツ図書館

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

    PROFILE

    PureBliss

    Author:PureBliss
    兵庫県姫路市 Mink

    Twitter
    facebook
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。